月追いの都市 - 霜月はるかの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

霜月はるか
公式サイト
月追いの都市  ♪  霜月はるか
作詞 : 日山尚
作曲 : 霜月はるか

"Lei-ol-zet, Tu o i nam ir fida ar."

走り出す時計の歯車は廻り
軋みながら誰かの命を刻む
空が霞むほどに花を散らして

無数の意識の中で確かな鼓動を聞く
繰り返す悪夢を砕いて聖鐘を鳴らす影は…

永遠を夢見た少女は独り
贖うべき罪の重さを認めて
哀しい眼差しの奥に潜む黄金の色は
終焉の都市を照らし続ける

狂い出す時計の歯車は廻り
ひび割れた大地にも命を注ぐ
空が凍るほどに花は気高く

薄れる意識の中で小さな願いを聞く
命脈の狭間に佇み ただ微笑む影は…

近付く足音から逃れるべく
月(ひかり)を目指せば影を別つ定め
優しい眼差しの奥に宿る黄金の色は
創世の都市を描き続ける

永遠を呪った都市は血に囚われ
二度と目を覚まさず 湖に沈む
冷たい眼差しの奥に潜む黄金の色は
月追いの都市を照らし続ける


ミニ情報
アルバム「月追いの都市 Acoustic Story Live 〜Studio Recording〜」収録曲
霜月はるかの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
月追いの都市/霜月はるかの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ