遠い少女へ - 霜月はるかの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

遠い少女へ-霜月はるか
Jword 霜月はるか
公式サイト
遠い少女へ  ♪  霜月はるか
作詞 : 日山尚
作曲 : たくまる

誰にも告げずに何処かへ消えてしまおう
行方を北風にも追われぬ遠い場所まで
君への想いを模る唇から
別れの言葉が音もなく滲む

氷を隔てて笑みかける少女の影は
僅かも揺らめかず
あの絵の中で咲く花の残り香のよう

自分の姿も声も忘れてしまおう
未来も記憶も僕をつくるもの全て
精神と物質を交える掌から
伝わる熱には紅色が芽吹く

氷が割れたら 君までも失うことは
気付いていたのに春を待つ振りをし続けて

ふと覚めた夢の透き間
何を望んでいたのだろう
雪消えの前に 僕は笑みを返したい
凍てる君に触れながら

このまま二人で跡なく溶けてしまおう
涙も血潮も流れぬ遠い異国へと


ミニ情報
アルバム「月追いの都市 Acoustic Story Live 〜Studio Recording〜」収録曲
霜月はるかの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
光ノ軌跡
永遠の物語
恋風〜そのままの君でいて〜
物語を渡る鳥
CHAIN BLADE
結び音リボン
嵐を越えて
END GAZER
愛しさを抱いた花
こころ音セッション
遠い少女へ/霜月はるかの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ