花ひらく蒼天 - 霜月はるかの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

霜月はるか
公式サイト
花ひらく蒼天  ♪  霜月はるか
作詞 : 日山尚
作曲 : 霜月はるか

天上(そら)にひらける花は
蒼く儚く散りゆく運命を知り
現実(いま)を見届けるLip-Aura 呪いの花

ゆるむ蕾が薫らせる 幻影 とどければ
追い風は花片を乗せて 楽園に誘う

わたしにも涙(みず)をください
乾いてゆくこのからだ
あなたには潤せますか
空に解いてくれますか

時間を手放す意思が 願いを呟くなら
抱き留めたはずの永遠は色に呑まれていく

踊る少女は軽やかに 未来(きおく)を手繰りよせて
自らが枯らす世界に息吹を重ねる

わたしにも光(うた)をください
すべて失くした心が
最期まで視ていられる夢にも
つづきがあるように…

まわる刻の輪 くり返し 終末をささやく
大切なあなたのために 記憶(みらい)を示しながら

睡る少女は安らかに 遠い明日 えがき
空はいまだ蒼いまま 落日を待ち焦がれる


ミニ情報
アルバム「月追いの都市 Acoustic Story Live 〜Studio Recording〜」収録曲
霜月はるかの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
花ひらく蒼天/霜月はるかの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ