白き想歌 - 霜月はるかの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

霜月はるか
公式サイト
白き想歌  ♪  霜月はるか
作詞 : 日山尚
作曲 : 細井聡司

夜が途切れた雲間から閃く
君が手放した永遠を誓う紡ぎ詩

疼く傷痕に触れる霧が
冷たい記憶を呼び覚ましていく
月が心を満たしてくれても

哀しみは溢れない
痛みは ただ重ねられて
咎となり織られていく

名前残した君の指輪は
知らない湖の色に錆び付いた
月が灯りを弱めてくれても

真実は薄れない
永別は ただ有りの儘に
幾重にも織られていく

夜明けに此処を離れ
僕は独り歩いて行く
新しい月を追って

変わらぬ永遠が もしも在るとすれば
過去の僕が君だけを愛したこと


ミニ情報
アルバム「月追いの都市 Acoustic Story Live 〜Studio Recording〜」収録曲
霜月はるかの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
白き想歌/霜月はるかの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ