不揃いのステップ - SIONの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

不揃いのステップ  ♪  SION
作詞 : SION
作曲 : SION

絵に描いたような幸せに背を向けてきたくせに
いつもどこかでその場所に憧れる俺がいた
そんなものはどこにもないと描いては消して

夢見た暮らしを手に入れた彼女は一人になると
寂しい景色に立ちすくむ「欲しかったのはこれだっけ」
首を振って打ち消していつもの顔をする

今夜二人の自分がぎこちなく踊る
まるで幼なじみの君に会ったように

どんなに混ぜても混ざらない色違いの心が
ひとつの体で鼓動するすれすれの距離で
喜びと悲しみの紙一重を脈打つ

今夜二人の俺がぎこちなく踊る
まるで幼なじみの君に会ったように

危うさを身にまとい 誰もが綱渡りさ
壊れないものがあるだろうか 壊れても壊れないものが

夢を見て夢に食べられ これもまた夢か

今夜二人の自分がぎこちなく踊る
まるで幼なじみの君に会ったように
今夜二人の俺が不揃いのステップで
まるで幼なじみの君に会ったように


ミニ情報
アルバム「不揃いのステップ」収録曲
SIONの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
不揃いのステップ/SIONの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ