ファンファーレ - ザ・なつやすみバンドの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ファンファーレ  ♪  ザ・なつやすみバンド
作詞 : 中川理沙
作曲 : 中川理沙

いつもの席で 生まれる煙を見ていた
繰り返す日々を 抱きしめたくなるときもある

窓の外側 足並み揃わない
それぞれのリズム
揺れる、なぜかひとつの音楽になる

遠回りのあと 近道で
誰かに会ったり 逃したり
マグカップをこすって ため息は歌になった

知らない誰かの 笑った顔に救われたら
ぼくにもなにか出来るかな、なんて思った

笑うあのこの本当は見えないまま
いつでもなにか 出来ないかな、なんて思っては

揺れて 消えた想いは風になり
ひとめぐりしてはまた 顔を見せるよ
つなぐ 明日はどこへ向かうかもわからずに
誰もが日々を抱きしめて

それは 揺れる
音楽のように


ミニ情報
アルバム「パラード」収録曲
ザ・なつやすみバンドの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ファンファーレ/ザ・なつやすみバンドの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ