履物と傘の物語 AKB48 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

AKB48
公式サイト
履物と傘の物語  ♪  AKB48
作詞 : 秋元康
作曲 : 片桐周太郎

ある田舎の駅の近く
2つの店が並んでました

履物屋さんと傘屋さんの
おばあちゃんは仲良しでした

それぞれの連れ合いに先立たれて
子どもたちも自立しました

おばあちゃんたちに残されたのは
客の少ないこの店だけ

それでも2人はしあわせでした
話し相手がそばにいたから

履物屋さんのおばあちゃんが
微笑みながら亡くなりました

傘屋さんのおばあちゃんも
後を追うように亡くなりました

それぞれの家族が片付けた時
店の奥を見て驚きました

履物屋さんの押し入れには
傘がいっぱいありました

傘屋さんの押し入れには
履物がいっぱいありました

お互いの店まで行ったり来たり
そう自分たちが客になってました

履物の数だけ 傘の数だけ
しあわせがそこにありました

しあわせがそこにありました


ミニ情報
NHK「みんなのうた」2015年2月・3月のうた
AKB48の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
AKB48「履物と傘の物語」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ