HUTCH - TRIPLANEの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

TRIPLANE
公式サイト
HUTCH  ♪  TRIPLANE
作詞 : 江畑兵衛
作曲 : 江畑兵衛

「人間」って書いてみたなら たったの二文字で
「愛」や「恋」に至っては 無論 それ以下
なのに僕らはそれすらも不自由で 日夜 あくせく
振り回され 掻き乱されています

正解の無い問いと向き合い 裏切られちゃったりで
幸せ 売ってないか? なんて 捲し立てて
購入して手にしている奴が居るらしいって聞いて
そのせいで また 気分は穏やかじゃないんだ

モノクロの情熱を絶やさぬように
灰になりかけの希望を抱きしめて

軽々しい匂いで誘う君で癒えてる
頭じゃ遮断してるけど 本能が受け入れる
セキュリティーは解除され 侵入者の思うがまま
そんな僕を連れ出してよ
固く閉ざした「僕」という檻の中から

教育された 僕ら変態は 働き快楽を得て
想像の域は超えないが きっと 終身刑
なのに僕らは「いつしか きっと」って祈りをヤメない
可能性なんてのは 不渡りになるのが相場

悪い予感を断ち切って 前を向く そんな仕事
「もう限界」と「まだ挽回」の境目も
裏も表も無いけど
かすかな光が 冷たい壁の隙間から漏れてる
明日を信じて 敬って 崇め立てて行くんだ

「逆立ちした幻想」と嘲笑うように
現実が 今日も希望の首を絞める

いかがわしいセリフで惑わす君に飢えてる
頭じゃ処理し切れないけど 本能が呼んでる
キャパシティーを広げて その魔法を受け入れるから
散々 僕を悩ませてよ
錆び付く前にその手で鍵を壊して

意固地になって過去をまたいで仁王立ち
何故 こんなにも執拗に
自分と対峙して 未来を探すの?
ふとした拍子 予期せぬ形で 背中を押され
こじ開けた扉の向こうには 何も無い
また新しいスタートに立つ自分が居る

じゃぁね バイバイ また明日
誰かの歌が聴こえる
遠くなる意識の中で
ほんの少し 笑えた

軽々しい匂いで誘う君で癒えてる
頭じゃ遮断してるけど 本能が受け入れる
セキュリティーは解除され 侵入者の思うがまま
そんな僕を連れ出してよ
固く閉ざした「僕」という檻の中から
癖がついてしまって
歪んでるけど


ミニ情報
アルバム「nonno」収録曲
TRIPLANEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
HUTCH/TRIPLANEの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ