夜汽車は走る indigo la End 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

indigo la End
公式サイト
夜汽車は走る  ♪  indigo la End
作詞 : 川谷絵音
作曲 : 川谷絵音

降り出す前一瞬の
冷たい風に言った
「寂しいの。だから少しだけ話を聞いて」って
夜が少し近付く度
あなたのことが浮かんだ
どうか私を連れ去って走ってよ

ただ夜汽車は走る
あなたの頬を触るまで
もう一度触れたら諦めるから
あなたは忘れたと
思うけどまだ会いたいの
待っててと叫ぶ声はどこかに

こうやってる間にもさ
喧嘩した部屋では別の
時間を過ごしてるんでしょ?
目を閉じる度
唇噛む

好きだったと言えなくても
あなたの顔が見たいの
降り出した雨に流るる
モノトーンの恋

まだ夜汽車は走る
あなたの頬を触るまで
もう一度触れたら諦めるから
あなたは忘れたと
思うけどまだ会いたいの
待っててと叫ぶ声はどこかに

手を繋いで歩く2人を
窓の外に見たような気がして
モノクロの過去の記憶に重ねては泣いて明ける夜
振り返ってよ
私を見てよ
瞼の裏のあなたに叫んだ
汽笛が鳴ったら終わりにするから

まだ夜汽車よ走れ
あなたの頬を触るまで
もう一度触れたら諦めるから
あなたを忘れない
それだけは自信があるの
困ったような顔が浮かぶわ


ミニ情報
アルバム「幸せが溢れたら」収録曲
indigo la Endの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
indigo la End「夜汽車は走る」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ