花をひとつかみ - indigo la Endの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

indigo la End
公式サイト
花をひとつかみ  ♪  indigo la End
作詞 : 川谷絵音
作曲 : 川谷絵音

捕まえたから離さないよ
今考えたら恥ずかしいな
でも君はいつも舌出して
僕の手からすり抜けたね

捻くれたって君が好きなんだよ
何が可笑しいのって
聞いたら君は笑い転げてたな

花をひとつかみした僕は
まだ君を重ねる
離れても離れても
花をひとつかみした僕は
また君を探すよ
花をひとつかみした君は
またすぐに忘れる
離れたら離れるほど
忘れられないあの一輪の花はどこにあるの

得意気に喋ったあの映画の話
今思うと間違いだらけで
気付いてたのかなと思うと
何故か愛しくなるんだ

一緒に住んだアパートの前の
コンビニは潰れたって
意味はないけど僕は家を飛び出した

花をひとつかみした僕は
まだ君を重ねる
離れても離れても
花をひとつかみした僕は
また君を探すよ
花をひとつかみした君は
またすぐに忘れる
離れたら離れるほど
忘れられないあの一輪の花はどこにあるの

悲しくなったら
悲しくなっただけ
君を思い出せばいい
泣きながら僕はペダルを漕いだのさ

花をひとつかみした僕は
まだ君を重ねる
離れても離れても
花をひとつかみした僕は
また君を探すよ
花をひとつかみした君を
また思い出すから
離れたら離れるほど
忘れたくないあの一輪の花はどこへと歌うんだ


ミニ情報
アルバム「幸せが溢れたら」収録曲
indigo la Endの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
花をひとつかみ/indigo la Endの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ