桜色舞うころ 徳永英明 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

徳永英明
公式サイト
桜色舞うころ  ♪  徳永英明
作詞 : 川江美奈子
作曲 : 川江美奈子

桜色舞うころ
私はひとり
押さえきれぬ胸に
立ち尽くしてた

若葉色 萌ゆれば
想いあふれて
すべてを見失い
あなたへ流れた

めぐる木々たちだけが
ふたりを見ていたの
ひとところにはとどまれないと
そっとおしえながら

枯葉色 染めてく
あなたのとなり
移ろいゆく日々が
愛へと変わるの

どうか木々たちだけは
この想いを守って
もう一度だけふたりの上で
そっと葉を揺らして

やがて季節(とき)はふたりを
どこへ運んでゆくの
ただひとつだけ 確かな今を
そっと抱きしめていた

雪化粧 まとえば
想いはぐれて
足跡も消してく
音無きいたずら

どうか木々たちだけは
この想いを守って
「永遠」の中ふたりとどめて
ここに 生き続けて

めぐる木々たちだけが
ふたりを見ていたの
ひとところにはとどまれないと
そっと おしえながら

桜色 舞うころ
私はひとり
あなたへの想いを
かみしめたまま


ミニ情報
アルバム「VOCALIST 6」収録曲
徳永英明「桜色舞うころ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
徳永英明の人気曲 この歌手の人気曲一覧

春の雪♪もし今夜この街に 不似合いな雪がつもったなら
誓い♪はしゃぎすぎてた 季節が去って
夢は夜ひらく♪赤く咲くのは けしの花
卒業写真♪悲しいことがあると 開く革の表紙
未来予想図♪切ったばかりの髪が やけに大人に見えた
M♪いつも一緒にいたかった
壊れかけのRadio♪何も聞こえない 何も聞かせてくれない
オリオンの炎♪Ah- 誰もが皆この地球に生まれて来て
君をつれて♪僕らは此処にいる まだ見ぬ夜明けを待って
わかれうた♪途(みち)に倒れて だれかの名を

徳永英明の新曲 この歌手の新曲一覧

ずっと変わらないもの♪風が吹くよ 閉じかけた空に
夢を♪あの日 叫んだのは 確かに僕の声だ
空はみんなのもの♪夜空を見上げて 涙こぼれても
陽炎♪あなた遠くへ逝ったのは
あなただけにしか素顔は見せない♪約束し合った約束なんて
無言の力♪泣き疲れてたその黄昏に
きたかぜとたいよう♪北風と太陽を 夢中で読んでいたよ
置手紙♪あなたがいないと分かっているのに
ハルカ♪あなたがそこにいること
バトン♪かっこ悪くていい 何か言われてもいい

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ