春恋、覚醒 - 空想委員会の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

空想委員会
公式サイト
春恋、覚醒  ♪  空想委員会
作詞 : 三浦隆一
作曲 : 三浦隆一

日々の暮らしは飽きている
世間は春に浮かれても
僕の心は石のまま
今日も電車に揺られてる

そんな日々に乗り込んできた
初めて見る女の子は
服も鞄も新しい
車両に春風が吹いた

体中の細胞が生まれ変わる
何かが始まる気がした
乗車中気付けばまた君を見てる
瞬きの暇与えない

毎朝読んでる本は
分厚いハードカバー
タイトル確認できたら
本屋で探してみよう

鞄に付いてるバッチに
知らない単語が書いてある
どうやらバンド名らしい
聞いてみよ

体中が君のこと考えてる
知りたいことで溢れてる
乗車中にもっと君にリンクしたら
新しい世界見えるかも

あ〜僕と君が混ざり合う感覚だ
あ〜始発のため起きるのも苦ではない

それなのに君はこの3週間
乗車してこない 姿を見せない
この時間 この車両
やな予感 やな予感

体中が君のこと求めている
もう既に恋に落ちてた
五里霧中君のことを探している
もう一度だけでいい 会わせて

イヤホンに君が好きな あのバンドが流れてる


空想委員会の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
春恋、覚醒/空想委員会の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ