BLUE - The Cheseraseraの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

BLUE  ♪  The Cheserasera
作詞 : 宍戸翼
作曲 : The Cheserasera

朝方 ドアのポストが揺れる
読み飽きた雑紙も
積み上げ過ぎたような日々で
去年の上着を一つ下ろす
少し大きいかな 遅れて
電車に飛び乗った寝ぼけ眼に

刺さる冬の陽と 思い出すこと
帰っても何もないことは
知ってたのに

乾いたアスファルトの上
変わらない青
名前もない角で待っていた
心から甘えられないで 古くなっていった
あの日の空模様を眺めてた

歩幅を気にし続けるような
程々で何もない
枯葉を踏みしだく日々の中で

虚しく波を打つ
人混みに立ち
手を振って 見つめ合う時が
また来たとして

きらめく時間達は写真もないさ
思い出すのはすべて切ないな
巡り巡る季節は僕をずっと
見守っている
歩き出す背中を撫でていた

刺さる冬の陽と 思い出すこと
帰っても何もないことは
知ってたのに

乾いたアスファルトの上
終わらない青
名前もない角で待っている
心から甘えられないで 古くなっていった
あの日の空模様を眺めてた


ミニ情報
アルバム「WHATEVER WILL BE, WILL BE」収録曲
The Cheseraseraの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
BLUE/The Cheseraseraの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ