見えない鎖 - 宿吏暁人(杉山紀彰)の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

見えない鎖  ♪  宿吏暁人(杉山紀彰)
作詞 : 日山尚
作曲 : 小野貴光

縛られつづけた過去を
覗いてた俺の面影

立ち止まる背中から伝わる拙い感情
噛み締めた唇が
未練がましく互いを責め立てる

終わらせてと願うお前の声を聞いて
本当の想いを隠すために叫んだ

Ah 遠ざかってく あの日に囚われ
ただ苦しむだけの俺とお前を繋ぐ
記憶の鎖から逃げられなかった
償えない過去から

苛立ちと憎しみが素直な言葉をゆがめる
ふと見せた表情が
意外なくらい心に灼(や)き付いた

うつむいたお前は崩れてしまいそうで
触れあったその時 涙が瞳(め)に溢れて

Ah 知りたくもない真実が映る
そう 罪を被せた狡い俺の言い訳
ただ受け入れたまま見つめるお前を
思わず抱き締めてた

縛られつづけた過去を越えて
お前となら進んでいけるから

離れたくないのは同情なんかじゃない
本当の想いを感じるまま信じて

今確かめるように口づけを交わす
ただ苦しむだけの俺を赦した言葉
今度は自分からお前と繋いだ
見えない鎖がある


宿吏暁人(杉山紀彰)の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
見えない鎖/宿吏暁人(杉山紀彰)の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ