ひとりよがり 乃木坂46(西野七瀬) 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ひとりよがり  ♪  乃木坂46(西野七瀬)
作詞 : 秋元康
作曲 : 杉山勝彦

どれくらい泣いただろう?
こめかみが痛くなるくらい
サヨナラを思い出すと
またすぐ涙が溢れる

私のわがままなのに
あなたは微笑みながら
ぎゅっと抱いてくれた
頑張れって…

昨日
夢をひとつ叶えるため
大事な人と別れた
恋はきっと邪魔になるから
強く 強く
なりたいと願った
ひとりよがり

知らぬ間に夜は明けて
一睡もできなかった
カーテンにこぼれている
朝陽が悔やんでるように

もしも 引き止められたら
私はどうしてたかな
だからキスもせずに
見送ったの

昨日
夢をひとつ叶えるため
大事な人と別れた
恋はきっと邪魔になるから
強く 強く
なりたいと願った
ひとりよがり

ホントはそう私は弱虫
知ってたから背中押してくれたね
AH

いつか
夢がやっと叶った時
私は思い出すわ
ひとつ捨てて ひとつ手にした
これで これで
よかったか教えて
ひとりよがり

昨日
あなたに褒められた
ひとりよがり


ミニ情報
アルバム「透明な色」収録曲
乃木坂46(西野七瀬)の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
乃木坂46(西野七瀬)「ひとりよがり」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ