靄がかかる街 - 藍坊主の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

靄がかかる街-藍坊主
Jword 藍坊主
公式サイト
靄がかかる街  ♪  藍坊主
作詞 : 藤森真一
作曲 : 藤森真一

車道から雨の音 窓ガラスに映る黄色
あの日から動かない 生乾きの時を泳ぐ

手すりベランダ何かが在った痕 君が忘れた涙の後 嗚呼 微かな笑みを浮かべた後、耳を塞いだ

靄がかかる街 カーテンが揺れてた 鳥のやうに そう 鳥のやうに
流れ 朝の音を聞くのなら 燃ゆるは靄の斜影

悲しみは雨の音 喪失が疼く色彩
あの日から動かない 閉ざされた扉を叩く

君の唇 聞こえたクラクション 柔らかな羽で飛んでく 嗚呼「さよなら」か「ありがとう」か 分からないまま

荒れ果てた部屋で ゆらりゆらりとシャツを纏い 会いにいくよ さあ 会いにいくよ
靄がかかる街 カーテンが揺れてた 鳥のやうに そう 鳥のやうに
流れ 朝の音を聞くのなら 燃ゆるは靄の斜影


ミニ情報
アルバム「ココーノ」収録曲
藍坊主の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
降車ボタンを押さなかったら
マタウ
バタフライ
ネガティブフィードバック
春の覚書
賢者の忘れ物
ラブミーテンダー
あなたと空と星と夜明け
向日葵
エチカ
靄がかかる街/藍坊主の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ