異国の花 未浦愛子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

異国の花  ♪  未浦愛子
作詞 : 未浦愛子
作曲 : はまたけし

津軽の雪に思い寄せたら
転ばぬ先の杖を落とした
石橋渡らず舟漕ぎ往く
霞で覆われる孤高の島

流された椿の花を思えば
行き先を追わず見送る冬の刹那

時の洪河に思い寄せても
後悔先に立たないものさ
青葉は燥ぐ童子隠して
枯葉は役目終えて眠るよ

訪れた季節の息吹知ろうと
泣き出した空のもと歩み寄り添った

数多の星に思い寄せれば
蟻の想いも天に昇るの
潮風運ぶ波のメロディー
朝日を仰ぎ囁く海よ

放たれた使命を腕に抱えて
限られた命を使い果たして行く

砂埃遮る空の貝殻
裸足のまま異国の花を思うよ


ミニ情報
アルバム「異国の花」収録曲
未浦愛子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
未浦愛子「異国の花」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ