nostalgia - Sharoの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Sharo
公式サイト
nostalgia  ♪  Sharo
作詞 : unight
作曲 : 塚田良平

やわらかな 日射しが 塞(と)ざされていた扉ひらくの
ほの白い朝もや 星はかがやき消した

そばにいる あなたの微(かす)かな寝息 頬を寄せれば
あんなに震えた 私はどこにもいない

「さよなら。」をさえぎる 夏の雨…
ワイパーが軋(きし)み掻(か)き消すの あやまちを
シグナルが蒼く滲んだ

物語の結末を 紙ヒコーキにして飛ばすの
ひらひらと弧を描(か)いて 約束(あて)のない明日(あす)へ
チカラ尽きて傷ついても したためた誓いは手のひらに
そぅ 真っ直ぐに たどり着いて見せる
あなたという 風に向かい 眠りのない人生(スポット)に

制服の私は 改札口で あなた待ってた
大人のかほりは 胸を熱くさせたの

フェルメールの少女は 哀愁(かなし)げに
あの時の私を見ていた 陽が傾(お)ちる
駆け出して しがみついたの

十年が過ぎ 小さな手のひらを握るの
この命を守るために 歌い託し継(つた)えるの

めぐりめぐる物語 紙ヒコーキにして飛ばすの
ひらひらと弧を描(か)いて 明日(あす)へ誘うの
チカラ尽きて傷ついて したためた誓いは手のひらに
そぅ 真っ直ぐに たどり着いて見せる
あなたという 風に吹かれ 終わりのない人生(スポット)に


Sharoの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
nostalgia/Sharoの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ