ピンク・マゼンダ - 内田彩の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ピンク・マゼンダ  ♪  内田彩
作詞 : 只野菜摘
作曲 : 坂部剛

ベイビー 生まれてきた時から ピンクだったんだ
ちっちゃなツメを握りしめ まだ隠してたんだ
そしておとなになった今 可愛いネイルで隠して
使うべき瞬間がくるまで とってる
守りたいひとや ほどけたい愛は
やわらかな色で飾る 似合う

ピンクを混ぜるんだ
ピンクで包むんだ
ずっとね一緒にいこうよ 時間も溶けあって
スマイルのくちびるも
号泣して熟してるほっぺも
記憶に散りばめて ピンク・マゼンダ

夜明けがブルーにローズなだけで 上機嫌だった
そのタクシーは自分のだって言う人に逢った
にっこり笑顔でかえした バツが悪くなるくらいの
桃いろのバツをつけて先を譲る
争いあうことや 憎しみあうことで
この世界は灰になってしまう

ピンクで癒すんだ
ピンクで生きるんだ
荒野に咲く花みつけて はっとして泣くように
上気した興奮も
想像して翔べちゃいそうな夢も
歩いてく 手を結んで ピンク・マゼンダ

淋しくなるたび噛んでた親指
ぼろぼろ 愛しいクロゼットのぬいぐるみ
きみが好きだったカシスのジェラート 舌までピンクだった
初めて試した小さな水着や
失恋して封印したワンピや
全部 捨てきれはしないよ キラキラしてた

ピンクを混ぜるんだ
ピンクで包むんだ
ずっとね一緒にいこうよ 時間も溶けあって
スマイルのくちびるも
号泣して熟してるほっぺも
記憶に散りばめて ピンク・マゼンダ

あなたとも 混ぜるんだ
マゼンダ


ミニ情報
アルバム「アップルミント」収録曲
内田彩の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ピンク・マゼンダ/内田彩の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ