愛の摂理 中田裕二 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

中田裕二
公式サイト
愛の摂理  ♪  中田裕二
作詞 : 中田裕二
作曲 : 中田裕二

いつでもそれなりに こなして
時どき虚しさに 襲われた

だから強く望んでた
だから僕を覚えてた
似たような影を踏み
歩いてきた 傷の跡

削られてゆくばかりの愛と
いくらでも与えられる愛と
誰にも選べない
何故に弄ばれて

君の肌が熱を帯びていく
その瞳が色を変えて行く
誰にも聴こえない
柔らかな愛を奏でて

出来れば永遠が 欲しいけど
途切れてしまうほど 続けたい

だから強く望んでた
だから君を求めてた
抱きしめるその度
遠くへと すり抜ける

騒がしい明日が嫌になるから
光の中じゃ見失うから
誰にも求めない
君にしか求めない

僕の指が闇に滑り込む
その吐息が耳元を濡らす
誰にも知り得ない
静かなる愛の摂理に

削られてゆくばかりの愛と
いくらでも与えられる愛と
誰にも選べない
何故に弄ばれて

君の肌が熱を帯びていく
その瞳が色を変えて行く
誰にも聴こえない
柔らかな愛を奏でて


ミニ情報
アルバム「BACK TO MELLOW」収録曲
中田裕二の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
中田裕二「愛の摂理」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ