運命の人 - 森山直太朗の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

運命の人-森山直太朗
Jword 森山直太朗
公式サイト

運命の人

 ♪ 

森山直太朗

作詞 : 森山直太朗・御徒町凧
作曲 : 森山直太朗・御徒町凧

昨日撮った君の写真が 懐かしく思えた
あんなにも楽しかった 日々は泡沫のこと

例えば君は今何を見て 何を感じてるのだろう
そんなこと考えて 変に真顔になった

思い出ばかりが やたら口をつくこの頃
何もないよりはマシかと 前向きに捉えている

今空は晴れて 光が射して 小鳥が囀ってる
余所余所しい その景色が 少しリアルに見えた
季節が過ぎて 年を重ね 何もかも変わっても
運命の人だと 勝手に思っている

周りの仲間は きっと笑うだろうけど
愛を育むとは何かを 今さら考えてる

何故人は生まれ 無駄に傷つき それでも生きてゆくの
そう言って凹む君の 手元をただ見ていた
今日という日がどんな日か よく分からないけれど
旅立ちの時だと 何気に信じている

季節が過ぎて 年を重ね 何もかも変わってしまっても
運命の人だと 勝手に思っている

運命の人だと 本気で思っている


ミニ情報
アルバム「黄金の心」収録曲
森山直太朗の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
レスター
さなぎの時代
僕らは死んでゆくのだけれど
魂、それはあいつからの贈り物
嗚呼
君のスゴさを君は知らない
とは
電車から見たマンションのベランダに干してあったピンク色のシャツ
傘がある
金色の空
運命の人/森山直太朗の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ