舞い、恋 - 中山優馬の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

中山優馬
公式サイト
舞い、恋  ♪  中山優馬
作詞 : 岩田秀聡
作曲 : 岩田秀聡

言葉をただ並べて それは何かを隠すかのように
唇重ねた それが最後の温もりだった

冬が香りその度に思う 色褪せないままの二人が
零れた涙に君が映る それが手のひらで一つはじけた

恋は雪のように 儚く溶けては
二人を白く染めて
サヨナラ、サヨナラと 舞い上がれ夢よ
その背中にずっと 永遠を重ねてた

記憶が話しかける それは今でも変わらない日々
少し広い部屋に 君の笑顔が見えてた

街は光り恋人が集う 目を閉じてあの日を思ってた
溢れた涙に君を想う 二度と戻れない時を感じた

恋は花のように 儚く散っては
心に棘を残し
サヨナラ、サヨナラと 信じてた夢よ
この空にずっと 永遠を探してた

消えることはない 思い出になっても
寂しげなその瞳は いつまでも僕の中に…

恋が終わるように 舞い落ちた雪が
僕の時間を止めて
恋は雪のように 儚く溶けては
二人を白く染めて
サヨナラ、サヨナラと 舞い上がれ夢よ
その背中にずっと 永遠を重ねてた


ミニ情報
アルバム「Chapter 1」収録曲
中山優馬の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
舞い、恋/中山優馬の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ