月雪ノ音 - MIKOTOの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

月雪ノ音  ♪  MIKOTO
作詞 : MIKOTO
作曲 : MIKOTO

頬に寄せる雫は こぼれ落ちた月灯り
ただ優しく冷たく揺れる

書き連ねた秘密で 重なる影を縛って
深い夜に 君を溶かしてく

このまま 真っ赤な涙で汚して
心が何処かで 壊れてゆくまで

凍えるように愛し合おう secret
忘れたくない そんな痛みをもっとあげる
哀しい吐息が足りないなら silence
舞い散る白い花びらを待っていればいい

やがて夜は傾き 霞んでゆく月灯り
遠い過去を繰り返してる

その胸に棲みついた 記憶ごと噛みちぎれば
傷跡すらやけに綺麗だ

このまま 確かな命で満たして
歪んだふたりが ひとつになるまで

凍えるように愛し合おう secret
思い出せない 罪の中で怯えながら
優しい悲鳴が足りないなら silence
氷の景色に全てを抱かれてみればいい

君の頬を染めるように こぼれ落ちた月灯り
君の傷を癒すように 霞んでゆく月灯り
君にそっと差し出した 絶対零度の花びらは
もうすぐ吹雪に変わる…

凍えるように愛し合おう secret
忘れたくない そんな痛みをもっとあげる
哀しい吐息が足りないから silence
舞い散る白い花びらに目を閉じればいい


ミニ情報
明治吸血奇譚「月夜叉」挿入歌
MIKOTOの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
月雪ノ音/MIKOTOの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ