流星 - 岡村孝子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

岡村孝子
公式サイト
流星  ♪  岡村孝子
作詞 : 岡村孝子
作曲 : 岡村孝子

秋風が夜を包んでいく
懐かしさを運んでくる
立ち止まりふと見上げた空に
銀の海が広がってる

重ねた指の確かなぬくもりに
心が少しほどけて素直になってく

ずっとあなたを見つめていくと
誓う あの夜のように
澄んだ空に輝く流星がひとつ
駆けぬけていった

流れゆく星たちは誰かの
願い乗せてきらめいてる
この空のまたたきの数だけ
世界中に祈りあふれ

たったひとりのあなたに会えたこと
偶然でなく運命なのかもしれない

ずっとあなたを見つめていたい
遠く離れていたって
どんな時も未来へ続くこの道を
照らしてくれてる

重ねた指の確かなぬくもりを
心にいつも感じて歩いていけたら

ずっとあなたを見つめていたい
光るあの星のように
どんな時も未来へ続くこの道を
照らしているから


ミニ情報
アルバム「After Tone VI」収録曲
岡村孝子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
流星/岡村孝子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ