月灯り 雨宮天 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

雨宮天
公式サイト
月灯り  ♪  雨宮天
作詞 : 沢井美空
作曲 : 沢井美空

振り返る過去はない この手 放した日から
失うものはないと繰り返し言い聞かせてた

静寂に漂う月 どんな闇も照らしてゆける
強い光 未来へかざす 負けたくはないから

終わらない夢が 胸のざわめきが 身体を巡って
痛みさえ 今 強さになるよ 信じた道を行く
私を突き動かす熱 描き続けてきた世界へ導く

行く手を阻むのは 閉じ込めたはずの弱さ
心に宿した灯が何度も消えそうになって

意地のようなものなのかも
傷口を隠す度 また
癒えることない胸の隙間 冷たい風が吹く

声にもならない 無数の言葉を 散りばめた夜空
光る星屑みたいに儚く 叫び続けている
犠牲にしてきたものくらい わかってる
もう後戻りは出来ない

手が届きそうなのに 私、何を 怖がっているの?

終わらない夢が 胸のざわめきが 身体を巡って
痛みさえ 今 強さになるよ 信じた道を行く
私を突き動かす熱 描き続けてきた世界へ導く

いつも強くあろうと そう決めていたのに
何故だか 頬を伝って
....今日だけ 泣いてもいいかな?


ミニ情報
アニメ「アカメが斬る!」エンディングテーマ
アルバム「Various BLUE」収録曲
雨宮天の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
雨宮天「月灯り」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ