彩りの頃 - 霜月はるかの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

霜月はるか
公式サイト
彩りの頃  ♪  霜月はるか
作詞 : 磯谷佳江
作曲 : rino

実りの穂が揺れる 黄金色の午後
高く澄んだ秋空を ひつじ雲が流れてゆく

何気なく過ぎる穏やかな時間 それは
不思議なほどいとしい 私の宝物で

鈴虫の音(ね) 聴いたあの日も
渡り鳥を見た日も…ほら

いつもいつも あなたがそばにいて
微笑みを分かち合えたから
世界はこんなにも 彩りに満ちている

たおやかな 景色の中でふたり
優しい熱に そっと包まれながら
ここにある絆を 永遠の風にあずけよう

茜色に浮かぶ あなたの横顔
長く長く伸びてゆく ふたつの影 ふいに重なる

何もかもいつか落ち葉に埋もれて だけど
深まりゆく想い たしかに感じられる

霧の雨に濡れたあの日も
月を愛でたあの日も また

全部全部 あなたがくれたもの
ひとつとして同じものはない
想い出という名の 彩りがあふれ出す

紅く紅く染まった椛のよう
心までもがやがて 色づいていた
伝えたいすべては 永遠の風に吹かれてる

いつかいつか あなたを好きになり
ひとりじゃないと気づいたのも
たぶんこんなふうな 彩りの頃でした

たおやかな 景色の中でふたり
優しい熱に そっと包まれながら
ここにある絆を 永遠の風にあずけたの


ミニ情報
PSP用ゲームソフト「白華の檻 〜緋色の欠片4〜 四季の詩」エンディングテーマ
霜月はるかの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
彩りの頃/霜月はるかの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ