手の中の虹 - 霜月はるかの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

手の中の虹-霜月はるか
Jword 霜月はるか
公式サイト
手の中の虹  ♪  霜月はるか
作詞 : 霜月はるか
作曲 : 霜月はるか

黄金色(きんいろ)の微風 街並を染めて
眩しさに細めた瞳(め)に映る君の笑顔(かお)

仄かな温かさが 胸の中降り積もって
重ねてきた時間(とき)の中で 愛しさに変わっていた

この手伸ばして 繋いだ二人の
明日を離さぬように 指を絡めた

何気ない仕草も 名前呼ぶ声も
今はただ全てを傍で感じていたい

仮初の悠久に (流されて)通り過ぎる“日常”も
限りのある時間(とき)の中で かけがえのないものと知った

過去も痛みも抱きしめて

廻り始める 新しい時間(とき)を
二人で歩んでゆける奇跡 手の中に
響く鐘の音 零れる光砂(ひかり)が
導く虹の先へと 共に生きてゆく


ミニ情報
PSP用ゲームソフト「クロノスタシア」エンディングテーマ
霜月はるかの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
光ノ軌跡
永遠の物語
恋風〜そのままの君でいて〜
物語を渡る鳥
CHAIN BLADE
結び音リボン
嵐を越えて
END GAZER
愛しさを抱いた花
こころ音セッション
手の中の虹/霜月はるかの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ