Resistance - 水越結花の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Resistance  ♪  水越結花
作詞 : Yuka Mizukoshi
作曲 : luv a till

指の隙間をこぼれ落ちるように
儚いほどに消えてゆくmelody
交差していく感情
もう1人の自分が
顔を出すたび
心を狂わせるの

理由もなく繰り返す
日々の出口へ誘う
息が詰まるほど唇を紅く染めた

いつまで続くのだろう
答えなどないと思うんだ
流れてゆく記憶に1人微笑む

夢の途中で巻き戻したような
目覚めに残る鮮やかなmemory
封鎖してゆく純情
剥き出しの自分が
痛みに慣れてゆくのを恐れている

この心 この身体
すべて重なり合うとき
愛を分け合える
そんな日を願っていた

どこまで続くのだろう
手が届かないほど強く
輝き増す世界に
怯えていた日々
居場所が欲しかった
自分らしくあるために
自由の羽広げて
歌を歌うんだ

限りなく続くだろう
僕はあの頃と変わらず
ありのまま今日を明日に
刻み生きている
辿りつく未来に
何が待っているのだろう
咲き誇れ一瞬を
廻るよ 永遠に


ミニ情報
アルバム「Me」収録曲
水越結花の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Resistance/水越結花の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ