MAGIC - SEKAI NO OWARIの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

SEKAI NO OWARI
公式サイト
MAGIC  ♪  SEKAI NO OWARI
作詞 : Fukase
作曲 : HAWAIIAN6

僕はね、君のこと初めて見たとき
この世界に産まれてきた意味がわかったんだ

君を見るたび、胸がときめくんだ
そのたび君は僕を冷ややかな目で見るんだ

君に出会うまで、世の中に希望なんかなくて
自分に価値がないと思っていたんだ

僕は君のためならば何でも出来るのに、
何で君は一人で生きてゆけるような顔をするんだ

僕がさ、こんなに頑張って言った言葉
君は何もないようなふりをして通り過ぎてったね
僕はさ、知ってるよ、君の最悪な性格も
でもたまに悲しそうに笑うとこがたまらなく好きなんだよ

季節が巡り、4回目の冬が来て
僕はいまだ、君にまとわりついていたんだ
大きな樹のある“カフェミケランジェロ”でついに僕は言ったんだ
「僕と一緒になってくれませんか?」

「私、貴方みたいな太陽みたいにキラキラした人を見ると吐き気がするわ」

僕らの間に命が宿ったとき
君は何とも言えない顔をして笑っていたね
嬉しいのか、悲しいのか
君はこう思ってたんだろう?
「いずれは全て失うのに、どうして大切なモノが増えていくの?」

僕がさ、こんなに頑張って言った言葉
君は何にも無かったように目を閉じ星になったね
僕がさ、あの夜どんな気持ちだったか
「ありがとう」や「さよなら」を言うのがどんなに苦しかったか

僕がさ、こんなに頑張って生きてきたのに
本当に大切なモノさえ失ってしまうんだね
でも僕はさ、知ってるよ、それでも人生は素晴らしいと
生まれてきて良かったと僕は本当にそう思うんだよ


SEKAI NO OWARIの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
MAGIC/SEKAI NO OWARIの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ