十三夜 - さだまさしの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

十三夜-さだまさし
Jword さだまさし
公式サイト
十三夜  ♪  さだまさし
作詞 : さだまさし
作曲 : さだまさし

十三夜の月が
東の空に昇る
黄昏ゆく海が見える
南の空へ向かう
流れ星がひとつ
少し風が吹いていた
幸せですか、元気でいるねきっと
どこかでこの月をみてる
温もりを決して忘れない君の
面影色褪せない
一つだけ残った耳飾りは
今はなき君のもの
十三夜

十三夜の月が
照らす海の道を
船の影が横切っていく
君の愛していた

鉢植えの花は
今年も綺麗に咲いたよ
別れも言わず去りゆく君の胸の
苦しみに気づかずに
自分を悲しむだけの僕の
幼さが切なくて
一つだけ誓った僕の愛は
今はなき君のもの
十三夜

幸せですか、元気でいるねきっと
どこかでこの月をみてる
温もりを決して忘れない君の
面影色褪せない
一つだけ残った僕の愛は
今はなき君のもの
十三夜


ミニ情報
アルバム「第二楽章」収録曲
さだまさしの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ふるさとの風
みらいへ
ラストレター
青空背負って
梁山泊
問題作 〜意見には個人差があります〜
逍遙歌 〜そぞろ歩けば〜
風の宮
夢見る人
風に立つライオン
十三夜/さだまさしの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ