僕の嘘とエンドロール - 感傷ベクトルの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

僕の嘘とエンドロール-感傷ベクトル
僕の嘘とエンドロール  ♪  感傷ベクトル
作詞 : 田口囁一
作曲 : 田口囁一

始まりの部屋で僕らは互いに向かいあった
おかしいな 君はどう見ても僕で怖くなった
「おはよう」語り出す
「君は僕の描くストーリーを旅して生きてく」
「言うなれば君は主人公さ」

パッと目をあければそこは戦場だった
右手で強く宙を切って剣を振る
誰かの血を浴びて雨と空を仰いだ

「ありふれた手品でもいいんだよ 騙されてみてよ
狂おしくなったり叫んだりしようよ」
悲しみが頬を伝うけど やがて霞んで

【次回へと続く】

ここはどこだ?
幾つもの旅を終えて僕はまた次へ向かう
刻みつけた出会いと別れを何度だって忘れて

目を開けた僕の手をそっと握る女性(ひと)
愛しいその目が濡れて僕を映す

「ありふれた手品でもいいんだよ 騙されてみてよ
恥ずかしくなったり騒いだりしようよ」
愛しさが胸で揺れたけど やがて霞んで

【次回へと続く】

始まりの部屋で僕らは互いに向かいあった
「おかえり」語り出す
「君はもう自由だ サヨナラさ」

「目覚めたらすべてを忘れて元通りだよ
懐かしくなったり痛んだりしないよ」
「ありふれた手品には意味を 君がつけなよ」

「さあ行こうか」

目が覚めて 頬を伝うこの涙の理由を
でも胸のどこかで知っているんだ
ありふれた物語に今 名前をつけるよ

続きを生きるよ


ミニ情報
アルバム「君の嘘とタイトルロール」収録曲
感傷ベクトルの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
none
forgive my blue
退屈の群像
Hide & Seek
表現と生活
孤独な守人
冬の魔女の消息
人魚姫
深海と空の駅
blue
僕の嘘とエンドロール/感傷ベクトルの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ