巨人のおはなし - ななみの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

巨人のおはなし-ななみ
Jword ななみ
公式サイト
巨人のおはなし  ♪  ななみ
作詞 : ななみ
作曲 : ななみ

それは昔々のおはなし この世が生まれたての時
ある一人の巨人が花畑で泣いていました

それを見かけた少女が『どうして泣いているの?』と
そう尋ねてみました 巨人はこう言いました

『僕が一歩 一歩と歩けば小さいものはみんな犠牲になる』

この世界は残酷なもの 弱い者 強い者で儚くできている
でも必ず絶やすことない 命の瞬きは美しい

少女はなだめるように 共に泣いてあげました
そして巨人に初めて友達ができました

でもある日 巨人が誤って小さな少女を踏んでしまいました

この世界は残酷なもの 運命という奇跡は時に牙を向ける
また一つとまた一つと 旅立ち 息吹いては 繰り返す

ある日 巨人の足跡から小さな一輪の花が咲いた

この世界は美しいもの 弱い者 強い者で正しくできている
そう必ず絶やすことない 命の瞬きは美しい

それから100年が過ぎて 巨人は死にました
そして生まれ変わるように うぶ声が聞こえてきましたとさ


ななみの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
サイレン
四文字ラブレター
笑火
通りゃんせ
I Eye Ai
SaRieL
only lonely
Next 2 U
走れ。

巨人のおはなし/ななみの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ