Roma VALSHE 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

VALSHE
公式サイト
Roma  ♪  VALSHE
作詞 : VALSHE
作曲 : minato

どこまで歩けば良い
もう酷く疲れたわ

錆臭い指が手招いて誘ってる
“黒ずくめのRoma”
媚びるのは好きじゃないわ

人間は狡く なんて愚かなのでしょう
群れを作るくせに
自分じゃなくて良かったって
安堵しながら石を投げつける

あなたもあたしを可哀想と言って
優しいフリをしたんじゃないの?
どうして温かい食事まで与えて
何の得になりもしないのに

呟いた

「寂しいね」

うるさい羽音がジリジリ焦げ付いてる
“可哀想なRoma”
孤独の中で歌うの

一つ一つと (Ah) 灯りが消える
幻は儚く 淡い期待は虚しく
影を落とすから 美しいのでしょう

さよなら さよなら 生まれ変われるなら
愚かで愛おしい者になりたい
あたしはあたしの最期を彩るの
毒を食らわば皿まで舐めて

精一杯

生きていた


ミニ情報
アルバム「storyteller II 〜the Age Limits〜」収録曲
VALSHEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
VALSHE「Roma」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ