Blissful Jail - VALSHEの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

VALSHE
公式サイト
Blissful Jail  ♪  VALSHE
作詞 : VALSHE
作曲 : VALSHE

箱の中には望んでいた贈り物(もの)と
大好きな花 僕の名前
添えられていたカードが掠れて
上手く読めずに 困った表情(かお)は嬉しそうで

胸に刺さる痛みに気づきたくなかった
はじめて感じた 知りたくない孤独を知っていく

本当はみんな辛くない? 本当にいま笑っていたい?
ご機嫌取って自分殺して 感情を切って貼って捨てて
余計な愛想はいいから剥き出しにした本性を見たい
ガラスケースを叩き割って 裸足で逃げればよかった
blissful jail

箱の中には有り余る贈り物(もの)と
枯れ落ちた花 宛名も無い
「可哀相だね」「気の毒だね」って
手を拍手(たた)くから どうしたって逃げられないね

これ以上の喜びと引き換えにしたら
同じように僕も迷いなく孤独を選ぶだろう

違うよそんなはずじゃない そんなものが欲しいんじゃない
理解ってるんだ 問題点は互いの「好き嫌い」じゃない
いっそ嘘でもいいから煽て騙し通していれば
ガラスケースに飾られた ピエロになりきれていたのに
blissful jail

ずっと夢を見ていたい 箱の中で眠っていたい
心はないよ どこにもないよ ここに悲しみなんてない
何が言いたい? 全部 全部 聞こえない幸せもあって
ガラスケースに閉じ込めて 守られていたかったのは…
blissful jail

いつかは…


ミニ情報
アルバム「V.D.」収録曲
VALSHEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Blissful Jail/VALSHEの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ