ありふれた日々 - 清木場俊介の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

ありふれた日々-清木場俊介
Jword 清木場俊介
公式サイト
ありふれた日々  ♪  清木場俊介
作詞 : 清木場俊介
作曲 : 川根来音

過ぎ行く日々の中で 慣れてく二つの影
いつしか触れる手さえ 意味をもたない
あの日の二人ならば 星空を見上げても
痛みすら分け合えたね 抱き合いながら

出てゆく君のその手を 引き寄せてたら
今も二人は 満たされてたかな?

君の事が 今でも好きだよ
なんて虚しくて 今は言えない…

薄れる君の記憶 必死に思い出して
あじさい咲く季節に 雨に打たれる

あの角をほら曲がれば 待ち合わせた
いつもの様に 君は笑ってた。

君の声が 今でも聞きたくて
君と残した 記憶をたどってる…

僕と過ごした 日々は今でも
消えずにその胸に 残っているかい?
君でありふれた 日々が消えなくて
今も懲りずに 君を描くよ。


ミニ情報
アルバム「MY SOUNDS」収録曲
清木場俊介の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
FREE MAN
TO LIVE OR DIE
Baby I love you
風のように
あの海へ
お前しか愛せない
僕の傍にいた君は…君の傍にいた僕じゃない
悲しいコトがあれば
Like my sense
SIGN of IMPACT
ありふれた日々/清木場俊介の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ