流星バースト - eufoniusの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

eufonius
公式サイト
流星バースト  ♪  eufonius
作詞 : riya
作曲 : 菊地創

水中をめがけ火を点す者へ
捻れたままで指先を包もう
無数の重力 助け出す憂い
近付く棘にも感じる光

制御する鍵は
規則的な夢を見た

残酷なくらいの白
美し過ぎる荒地へと
流れる星は奏で出す

溢れた水へと横たわるように
捻れの継ぎ目が滲み出した夜
鉛の重力 滑り落ちてゆく
虚空を覆うほど零れる光

制御する鍵よ
乱されても言わないで

残酷なくらいの白
日々の濁りを生み続け
狂ったように奏で出す

残酷なくらいの白
美し過ぎる荒地へと
止まれない現実が
ただ一つだけを指し続け
流れる星と奏で出す


ミニ情報
アルバム「記憶星図」収録曲
eufoniusの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
流星バースト/eufoniusの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ