輝きは閃光のように - 摩天楼オペラの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

摩天楼オペラ
公式サイト
輝きは閃光のように  ♪  摩天楼オペラ
作詞 : 苑
作曲 : 燿

やらなきゃ認められる訳ないって 誰かの目を気にしても
やらなきゃ認めてくれないのは 幼い頃の自分で

安らぎだけじゃ私は生きれない

氷のような世界の上 かじかんだこの手で掴むのさ
太陽までも冷めてしまう前に

鏡の中には着膨れてる 大人の顔が映って
よくもまあ こんなに大きくなって
まっとうな雰囲気出してる

やめときゃいいのに 声を荒げてさ
まだまだやれるんだって息巻いてる
灯火だからこそ夢中になれる

氷のような世界の上 かじかんだこの手で掴むのさ
太陽までも冷めてしまう前に

賽を投げたはずだろ 人生のさ
輝きは閃光のように過ぎてく
安らぎだけじゃ私は生きれない

氷のような世界の上 かじかんだこの手で掴むのさ
太陽までも冷めてしまう前に
氷のような世界の上 かじかんだこの手で掴むのさ
太陽までも冷めてしまう前に


ミニ情報
アルバム「AVALON」収録曲
摩天楼オペラの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
輝きは閃光のように/摩天楼オペラの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ