友に捧ぐ鎮魂歌 - 摩天楼オペラの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

友に捧ぐ鎮魂歌-摩天楼オペラ
Jword 摩天楼オペラ
公式サイト
友に捧ぐ鎮魂歌  ♪  摩天楼オペラ
作詞 : 苑
作曲 : Anzi

ほのかな君の香りを 雨の中に見つけた
僕はまだ苦手なまま 足早に歩き出す

思ってたよりもっと 僕は弱い部分を持っていたみたい
君ならさ わかってくれそうな気がするよ

勝手な僕のお願いを 祈ることもあるけど
どうせなら神様よりも 君を思い出したい

好きだった服だったり 好きな人さえもう あの頃と違う
いつまでも変わらないのは音楽だけかもね

どうして どうして どうして どうして

夕暮れ 染まる ここは あたたか
雨が 好きな君 もう おやすみ

留まることは許されないのが 時計の中の僕らで
前に行かなきゃ 前に行かなきゃ 途切れてしまうかもしれない

ただ前を ただ前を 見ることが辛くなったら
ここへ来て 話そう 好きだった歌をかけて

わがままに生きていたね 歌の止まない日々を
美しく生きていたね 若き日の僕たちは


ミニ情報
アルバム「AVALON」収録曲
摩天楼オペラの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
PHOENIX
愛した人
GREEN WORKER
MASK
何十年先も今日みたいに
PANDORA
YOU & I
君と見る風の行方
Good Bye My World
青く透明なこの神秘の海へ
友に捧ぐ鎮魂歌/摩天楼オペラの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ