昔話を繙くように - STARDUST REVUEの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

昔話を繙くように  ♪  STARDUST REVUE
作詞 : 根本要
作曲 : 根本要・KAN

もうどのくらい 越えたんだろう
うつりゆく風 そよぐ季節

いろんな君を 見てきたけど
今がいちばん そう思えるんだ

ありふれた日々 色づいていく 君がいたから

足りない言葉を紡ぎあい
見えない記憶を拾いあって
世界でたったひとりの人だから
大切に 離さないように

出会った頃は 仲間同士
語らう夢も 青く萌えてた

君にはずっと 好きな人
わかっていても 恋に落ちた

ただ見守って いられるだけで それでよかった

昔話を繙(ひもと)くように
ふたつの想い 合わせながら
ちょうどいいくらいの そんな歩幅で
欲張らず 歩いていこう

ふたりいつか この夜空に となり並んで輝く星になる

昔話を繙(ひもと)くように
未来の歌を歌っていこう
世界でたったひとりの人だから
いつまでも 君のそばで


ミニ情報
アルバム「SHOUT」収録曲
STARDUST REVUEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
昔話を繙くように/STARDUST REVUEの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ