星の恋人 - Drop'sの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

星の恋人-Drop's
星の恋人  ♪  Drop's
作詞 : 中野ミホ
作曲 : 中野ミホ

つめたいハンドル 握りしめて
坂道すべる フォークギター
工事現場 眠ったふりで
こっちを見ているだけさ

あなたの教えてくれた歌が
やさしくつき刺さる そんな夜に

どこ行くの ふたり さみしさの向こうがわ
星は凍りついたまま 燃えている

からっぽ 回送バス 横切ってふいに
ちぎれそうな気分になるんだ

ひみつの流星がひとつだけ
落ちてゆくのを見たよ
さみしそうに笑った顔が うかんで
夜は透明に 戻ってゆく

どこ行くの ふたり さみしさの向こうがわ
東京のどこか 煙草のけむりゆれている

星は凍りついたまま 燃えつづけている
遠くで呼んでいて 星の恋人


ミニ情報
アルバム「HELLO」収録曲
Drop'sの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
星の恋人/Drop'sの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ