なまはげ - 人間椅子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

人間椅子
公式サイト
なまはげ  ♪  人間椅子
作詞 : 和嶋慎治
作曲 : 和嶋慎治

最果ての土地に 粉雪が舞えば
因習の村は 祝祭の季節
伝説の時を 幾年(いくとせ)も越えて
戒めのために 客人(まれびと)は来たる

山より重い 人の罪
海より深い 人の業

なまげものは いねが
泣いでるわらしは いねが

ざんばらの髪と わらしべの羽織
赤色(せきしょく)の顔に 憤怒だけが灯る
迷妄で惑う 輩(ともがら)を憂い
発願(ほつがん)の元に 鬼神(おにがみ)となれる

夜より暗い 人の性(さが)
火よりも熱い 人の欲

なまげものは いねが
泣いでるわらしは いねが

厳しさ それが愛じゃ
激しさ それが慈悲じゃ
手心 それが毒じゃ

なまげものは いねが
泣いでるわらしは いねが

なまげものは いねが
泣いでるわらしは いねが

なまげものは いねが
泣いでるわらしは いねが


ミニ情報
アルバム「無頼豊饒」収録曲
人間椅子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
なまはげ/人間椅子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ