七色の少年 - パスピエの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

七色の少年  ♪  パスピエ
作詞 : 大胡田なつき
作曲 : 成田ハネダ

ショウケースの中に思い出を並べて見せびらかしたり
悲しい歌 歌って気を引いたりしたいよ
ソーダ水揺らして 生まれて弾ける泡を見ていた
意味はないよな 理由もないけどそれもいいな

さあ、走り出せ 七色の少年よ
僕だけが置き去りになってる
夕立のあとの虹が半分で途切れて
なんか切ない気持ちで微熱に酔ってんだ

脚の長い影が歩いても歩いてもまだついてくる
僕のほうを見て笑っているんだ
目蓋の裏側に浮かんだり消えたり
キミは忙しい
懐かしいような ついこの間のことのような

ずっとあれから今日まで
僕はあの日の朝で
繰り返し何度も何度も何度も目を覚まして

さあ、走り出せ 七色の少年よ
僕だけが置き去りになっている
夕立のあとの虹が半分で途切れて
なんか切ない気持ちになるけど
少し潤って色づいた街で
ちょっと満たされた気分の
微熱に酔ってんだ


ミニ情報
アルバム「幕の内ISM」収録曲
パスピエの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
七色の少年/パスピエの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ