瞑想 パスピエ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

瞑想  ♪  パスピエ
作詞 : 大胡田なつき
作曲 : 成田ハネダ

心の鍵を花に隠して
朝露でできた湖に棲む
みにくい怪物の角に括り付けたわ
白鳥が見ていた

ああ、こぼれ落ちる
記憶が涙に変わるなら
拾い集めて 銀の箱にしまっておくわ

震える声は紐で束ねて
玄関先へと置いておきます
ピンクのカードに書いた拙い文字は
差し上げます どうぞ

ああ、こぼれ落ちた
涙が真珠に変わるなら
それを繋げて
首飾りを作ってあげるから

まだ小さな頃
泣いてすがるほど欲しかったものが
何も欲しくない

どこへいったのか それともわたしが
ここまで来たのか

誰も知らない
全てが輝いていたこと
心の鍵を隠した花が咲いたこと

ああ、満たされていく
朝露でできた湖で
イマワノキワに
首飾りをきみに贈る


ミニ情報
アルバム「幕の内ISM」収録曲
パスピエの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
パスピエ「瞑想」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ