雲を読む - 宮田幸季の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

宮田幸季
公式サイト
雲を読む  ♪  宮田幸季
作詞 : Satomi
作曲 : 佐藤清喜

恋をしていた頃 馴れあいに甘え
君を傷つけた 知らずに
ふたりでいる日々が 時に窮屈で
不自由だったから 別れたのに

永すぎた春に ピリオドを打てば
開放的な夏が来る
そんな風にずっと 思っていたけれど
晴れない心

なんかひとりでいる時も
気づくと君のことを考えては
雲を読むみたいに
さびしさこらえ空を見上げているよ

別れ間際に君 笑顔見せながら
ポツリつぶやいた一言
あなたの欲しかった ものをあげられる
人は私では なかったねって

最後まで君は 僕を責めないで
自分を責めていたけれど
あの時、気づけば 良かったねふたり
求あてたもの

なんか近くにいることが
日常だったけど特別だったんだ
雲を読むみたいに
想い巡らせたら離れなかったかな?

なんか忘れようとしても
今は君といた日々に寄り添ってる
雲を読むみたいに
涙をこらえ空を見上げているよ


ミニ情報
アルバム「白鳥ブリコラージュ」収録曲
宮田幸季の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
雲を読む/宮田幸季の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ