Forward - Kyocoの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Forward  ♪  Kyoco
作詞 : Orito
作曲 : Orito

夜空の彼方に 描くこころの色
くすんだ夜を歩いて行く、朝がもう近づいて

君の手紙を紐解きながら、変わらない想いが蘇ってく
信じてゆくこと、進んでゆくこと、離れてても、側に君がいる

どんなことが僕らを分かとうとしても、消えない音が響いてる
きっといつの日にかまた巡りあった時に 二人で笑いあえるように、ここで

時間がすべてを 塗り替えていっても
思い出だけは色褪せずに 胸の奥きらめいてる

幾度も移ろう季節の中 慌ただしさに少しよろけても
怖がらないこと、前を向くこと、離れてても、側に君がいる

どんなことが僕らを分かとうとしても、鮮やかな色は溢れてく
そっと一歩踏み出した、この足の向こう 確信が背中を押して 前へ

吹きすさぶ嵐 ここはどこだろう?
この広い、星の中で
手探りの中で 見つけたものはそう
あの約束

どんなことが僕らを分かとうとしても、消えない音が響いてる
きっといつの日にかまた巡りあった時に 二人で笑いあえるように Oh
どんなことが僕らを分かとうとしても、鮮やかな色は溢れてく
そっと一歩踏み出した、この足の向こう 確信が背中を押して 前へ


Kyocoの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Forward/Kyocoの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ