初恋 小松未可子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

小松未可子
公式サイト
初恋  ♪  小松未可子
作詞 : 白倉由美
作曲 : SiN

胸の底で 沈んでいた秘密の果実を
君にだけ あげたいのよ いいでしょ
あぁ、まだあげ初(そ)めし前髪 林檎を摘みとって

空色のソファに 仔猫と眠ると
あの夏の日の海 まだそばにある
閉じ込めた貝殻 吐息で壊した
波が鳴る 満月 とてもきれいね

初音 切なく あ 小鳥が詠う

寂しい夜 ひとりで海岸歩いた
潮風が 薄い胸に 響いた
出逢いは刹那 初めての恋 つれてきた

(まだ誰も君には 傷をつけてない)
君はその声でね そっとささやく
ずっと聴こえていた悲しい歌にね さよならを告げよう
もうひとりじゃない

虹が消えてく ね 雨を連れてね

昨日までのわたしは そう誰かのために
涙の粒 散らしたことなかった
あぁ、君に逢って そう初めて泣いた 祈るように

やさしく白き手をそっとのべて
林檎を 君にあげたいの

風ながれる そのゆくえを わたしはみたいの
海の果て 空の彼方 ついてゆく
あぁ、悲しい歌はもうきこえない 飛びたてる

月 今宵 かすかにさす光、横顔に
旅立ちの歌が ほら聴こえるよ
あぁ、歩き出きだそう 窓をあけたなら まっている その胸に


ミニ情報
アルバム「e'tuis」収録曲
小松未可子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
小松未可子「初恋」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ