レプリカ 見田村千晴 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

レプリカ  ♪  見田村千晴
作詞 : 見田村千晴
作曲 : 見田村千晴

泣いた
ビンのふたが開けられなくて泣いた
あんたなんか何もできないって言われた気がして泣いた

泣いた
携帯が見つからなくて泣いた
誰とも繋がってはいけないのかな 怖くなって泣いた

一人でいるときにだけ泣いてる
自分に酔ってるみたいでなんかムカつく
面倒臭い奴だって笑えてくる
ほらね 私 忙しいや

膨らんだ風船に針を刺せ
飲み込んだ空しさを忘れるな
君に会うなら笑っていたい
作り上げた精巧なレプリカは“私”
お気に召すかしら

飽きた
叶わない夢ばかり見るの飽きた
いつまでも子供みたいだって言われてごまかすの飽きた

続く
どうしようもない日々だとしても続く
転がってるプライド集めて丸めて捨てるために続く

すれ違った誰かの優しさとか
思い出し笑いを堪えてる顔とか
嬉しくなっては勝手に安心してるよ
ほらね 私 ちゃっかりしてるや

惑わせる情報に愛を足せ
踏み込んだ右足よ恐れるな
君に会うなら余裕でいたい
夢見がちで貪欲なレプリカは“私”
お口に合うかしら

泣いた
ビンのふたが開けられなくて泣いた
泣いた
携帯が見つからなくて泣いた
飽きた
叶わない夢ばかり見るの飽きた
続く
どうしようもない日々だとしても続く


ミニ情報
アルバム「寝そべった夕暮れを切り裂いてバスはゆく」収録曲
見田村千晴の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
見田村千晴「レプリカ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ