月詠ノ詩 - 喜多村英梨の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

月詠ノ詩-喜多村英梨
Jword 喜多村英梨
公式サイト
月詠ノ詩  ♪  喜多村英梨
作詞 : 山崎寛子
作曲 : 山崎寛子

残された色は
そっと水鏡に問う
'過ぎし思い出'は
幾度 季節が巡れば消えゆく

決して泡沫の夢に
終わる恋ではなかった

逢いたいと願う声は
遠い記憶を染めゆく
終焉(おわり)など知らなかった二人を
灯すように
これほどの痛みさえも
愛しいほど君を想う
今は未だ 夢現で泣きたい
滲む夜に…

同じ傷跡が
もしも刻まれたのなら
かえらぬ弱さも
二人は同じと信じたかった

触れる指先の熱は
君の想える誰かに…

徒(いたずら)に流れてゆく
'幼き日々'の契りよ
誰よりも君の瞼に居ると
思えたのに
降り頻る雨の音に
止(や)めぬ心糸解いて
唯 ひとり、ふたつを辿ってゆく
永い夜に…

逢いたいと願う声は
君の匂いや…全てを
「忘れたい」優しい嘘でさえも
壊してゆく
もう一度叶うのなら
重ねた月日を手繰って
永遠を 君と二人詠みたい
伝う愛に…


ミニ情報
アルバム「証×明 -SHOMEI-」収録曲
喜多村英梨の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Revolution【re:i】
バラユリxxxx
恋華火
FORTiTUDE
Miracle Premonition
わたしの虜になりなさい
凛麗
incomplete
残響//輪廻
掌 -show-
月詠ノ詩/喜多村英梨の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ