ふわり 木村竜蔵 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

木村竜蔵
公式サイト
ふわり  ♪  木村竜蔵
作詞 : 木村竜蔵
作曲 : 木村竜蔵

ふわり泡みたいに今日が終わる
君にはどんな一日だった?

笑った時のぎこちなさが物語ってる

眠れない夜には話をしようよ
いつの間に瞼の向こうの世界へ

ふわり雲みたいな夢から
目覚める午前2時22分

額の汗が君の夢を物語ってる

抱きしめて少しだけ寝顔も和らぐ
新しい一日が迎えにくるまで

眠れない夜には話をしようよ
いつの間に瞼の向こうの世界へ
抱きしめて少しだけ寝顔も和らぐ
新しい一日が迎えにくるまで
このままで


ミニ情報
アルバム「恋愛小説」収録曲
木村竜蔵「ふわり」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
木村竜蔵の人気曲 この歌手の人気曲一覧

迎えにゆくよ♪この街の速度に もう慣れたつもりで歩いてたけど
涙の花♪退屈な話に笑顔見せて
君に出会える街♪靴の底心地よい振動 街中を走るノスタルジア
薄明光線♪輪郭のない灰色の空に
星屑とスニーカー♪夜に浮かぶ光と 風の匂いを感じながら
⑥ふわり♪ふわり泡みたいに今日が終わる
とある休日♪目覚ましの音もないまま
セレナーデ♪正解不正解はすぐに見つけられるんだって
アクアリウム♪懐かしい気分で目が覚めたよ
落蕾〜ラクライ〜♪枯れた空にまた誰かの夢がひとつ消え

木村竜蔵の新曲 この歌手の新曲一覧

アクアリウム♪懐かしい気分で目が覚めたよ
落蕾〜ラクライ〜♪枯れた空にまた誰かの夢がひとつ消え
約束の鐘♪出会い別れを繰り返して見つけたんだ
迎えにゆくよ♪この街の速度に もう慣れたつもりで歩いてたけど
涙の花♪退屈な話に笑顔見せて
太陽の戯れ♪近づく高気圧に シャツの袖もまくり上げ
夏の夢、君は幻♪空に咲く花火がほら 消えても焼き付いてる
うたかた♪夢を見てたみたい あまり覚えてないけど
海の淵♪水晶体の向こう側に 誘われるように墜落した
君に出会える街♪靴の底心地よい振動 街中を走るノスタルジア

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ