染まるまで indigo la End 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

indigo la End
公式サイト
染まるまで  ♪  indigo la End
作詞 : 川谷絵音
作曲 : 川谷絵音

「友達にはなりたくなかった」
変わった告白だった
君はその日から彼女になった
案外悪くないな

二人で飛び出した
二階建てのアパートで
浮き足立って
笑い抱き合って
夕暮れを見ていたこととかさ

思い出してはポツリと消えて
目を閉じては浮かび上がる
溢れるくらい何度も思い出す
あなたの横顔が夕焼けに染まるまで

祝うはずだった小さな小さな記念日が
今年も過ぎてった
涙を流すわけでもなくて
いつも通りだけど
なんだか走り出したくなった

思い出してはポツリと消えて
目を閉じては浮かび上がる
溢れるくらい何度も思い出す
あなたの横顔が夕焼けに染まるまで

気付けばこんな年になってて
老けたなって鏡に独り言を言ってる
だけど今日だけは君が映る気がしてさ
気長に待たせてくれないか

最後はこんな風にして
忘れることにしたんだけど
君は無邪気に笑いながら
僕を馬鹿にしたんだ

やっぱりここで待つことにしたよ
君が染まるまで
やっぱりここで待つことにしたよ
僕も染まるまで


ミニ情報
アルバム「あの街レコード」収録曲
indigo la Endの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
indigo la End「染まるまで」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ